税理士を選ぶ4つの方法について

税理士を選ぶ方法について、ご紹介したいと思います。

① 知り合いからの紹介

② 会計事務所のホームページ

③ 税理士紹介会社

④ 銀行・生命保険担当者の紹介

ここでは、4つの方法を取り上げてみました。

まず、①の知り合いからの紹介です。

知り合いの紹介で大事なのは、「誰の」紹介かという部分です。

紹介してくれる方が、税理士を探している方と同じ業種・業界で似たような悩みを持つ経営者仲間であれば、紹介してくれる方と税理士を探している方との共通項が多く、探している方にとっても良い税理士である可能性が高いかもしれません。

ですが、そうでない場合、

例えば様々な地元の商店会の会合などでよく顔を合わせてしってはいる経営者仲間ではあるけれど、実際の仕事上の共通点はほとんどない、という方の場合は要注意ですね。

紹介のデメリットは「断りづらい」ということなのですが、もし実際に税理士に会ってみて、違和感を感じるようであれば、気持ちを偽らずにお断りするのも、方法の一つです。

②は税理士事務所のホームページを探す方法です。

①の紹介の際も、まず合う前に、その税理士事務所(または税理士)のホームページを検索して探してみることがオススメです。

税理士事務所の中には、ホームページすら存在しないところも多く、また仮にホームページがあったとしても、作ったきり、まったく更新していないような状態で何年間も放置されているようなサイトが無数にあります。

ホームページすら存在しないということは、ホームページに関する相談を税理士にすることはできないでしょうし、ネット営業についても疎い税理士である可能性が高いでしょう。

ホームページで事前に事務所の規模感や税理士の人柄などを確認した上で、ある程度ご自身にあった事務所選ぶことをオススメいたします。

③の紹介会社は、最近人気の方法です。

税理士をネットで検索すると検索の上位を占めるのが、この税理士紹介会社の広告です。

紹介会社を利用することで、数人の税理士事務所の見積もりをとることも可能です。

中には、安い見積もりを出したものの、会ってみたら高い金額を提示されたというケースもあるようですので、ご注意を。

紹介会社は高額な費用を支払って、ネット検索上の最上位である一丁目一番地を取りに来ています。

その費用は、当然、税理士から出るものであり、ひいては、お客様である顧問先から出るものになります。

また、顧問料が安ければそれで良いわけではないのは、先の投稿でもお伝えしたとおりです。

税理士の選び方について②

 ④の銀行・生命保険会社の紹介もよくあるパターンです。

銀行(生命保険会社)がすすめる税理士は、基本的には、その銀行員(生保の担当者)の担当エリアにいる税理士でその担当者と仲が良い税理士というだけのことです。

その方が仕事ができる良い事務所であるとは限らないということは、知っておいてよいこともかもしれません。

以上、税理士の探し方について4つのパターンについて、お話してみました。

少し裏話的なことも書いてしまいましたが、ご参考にしていただけたら幸いです。

いずれのパターンにしても、実際に税理士に会ってみて、ちゃんと話しができるのかということを確認された方がよいと思います。

その上で、フィーリングが合う税理士を見つけていただくと良いと思います。

税理士の選び方について①

値段だけで選ぶことは危険です

税理士を探している、会計事務所を探している、というフリーランスや個人事業主の方、企業の経営者の方がネットで「税理士 〇〇」「〇〇 会計事務所」(〇〇は地名など)といったワードで検索をすることはあると思います。

検索結果の上位には、「月3,000円からのサービス」「良心的な費用の税理士」といった安さを売りにした税理士や会計事務所のホームページが並んでいます。

これらの事務所では、たしかに安い値段で確定申告をしてくれたり、法人の決算申告をしてくれたりもするでしょう。

ですがその安値のサービスが快適かどうか、ということも実は重要な判断の要素です。

というのも、安価なサービスを提供するということは、その裏ではかならず不要と思われるサービスを極限まで省いた形になっているからです。

例えば、床屋さんや美容室をイメージしていただくとわかりやすいと思います。

床屋さんで、1,000円カットのお店とトータルで5,000円以上する美容室の満足感はまったく違う性質のものですよね。

ご存知のとおり1,000円カットのお店では、シャンプーやひげ剃り、マッサージをやることはありませんし、整髪料をつけてくれたり、お好みの髪型にセットしてくれたりすることもありません。

カットは「刈り上げをご希望の方はバリカンのみ」といった制限がつくこともありますし、1人につき10分程度しかカット時間がないため、そもそも凝った髪型のカットは不可能です。

また、カットの最後には、掃除機のような機械で髪の毛の切り屑をバキュームされますので「なんかゴミ扱いされてるな」と思う方もいるかもしれません(笑)。

カットの担当者を指名することもできません(追加料金を払うことで、指名できる1,000円カットのお店もあるでしょうが)ので、カットの合間に世間話や共通の趣味の話題で盛り上がることもありません。

一番怖いのは、誰にカットされるかがわからなくて、カットする方の技量がバラバラなので「この人大丈夫かな?」という方に当たってしまうと「あ~やっぱりダメか」ということになる可能性が高いことです。

思ったような髪型に仕上がらないと、イマイチな気分で数週間を過ごすことになります。

このテンションが下がってしまうことの損失は馬鹿にならないものになると思います。

逆にいうとこれらの1,000円カットのデメリットが気にならない方は、1,000円カットを利用して良い方です。

カットする方の技量があまり問われない坊主の方や短髪の方(私もこの部類です)は、OKでしょうね。

床屋さんの話しをはじめると長くなるのでこれ位にしますが、税理士と床屋さんの話しでの共通点を探りましょう。

税理士の選び方について②

安いものにはわけがある

まず値段が安い税理士・会計事務所では、省かれているサービスというのは、「人」にかかるサービスです。

安値の税理士・会計事務所では、ほぼ100%税理士が担当するということはないでしょう。

なぜならば税理士の資格を持っている社員・職員を雇用するとコスト(人件費)は高くなるためです。

税理士資格とは、取得するまでにかかる期間が平均8年とも10年とも言われるくらい難しい試験です。

その試験をクリアすることで税理士になることができるのですが、実は会計事務所の職員の多くは税理士資格を保有していません。

床屋さんでお客さんの髪を切るには床屋さんの免許が必要でしょうし、美容師さんにしても美容師の免許が必要です。

それらの免許を取得するために、2年間の専門学校に通わなくてはならず、けっこう大変ですね。

それに対して、会計事務所の職員になるためには、特別な資格は必要ありません。

就職時に簿記検定の3級か2級を勉強する人も多いですが、資格としてはその程度です。

これらの資格を取得するのにかかる時間は、簿記3級で数十時間、簿記2級で150時間程度。

仕事をしながら数ヶ月で気軽に取ることができる資格です。

ちょっと話しがそれてしまいましたが、要するに、安価な会計事務所の職員は特別な資格を持っているわけでもありません。

ですので、こういった会計事務所の職員に対して「先生」と呼んでいる顧問先の方をお見かけするととても複雑な気持ちになります。

かくいう私自身、会計事務所で勤務していて無資格状態だったときには、この「先生」と呼ばれることに対して、常に恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

その都度、「いえ、先生ではないんです。今、勉強中でまだ○科目しか取っていないんです」と否定していましたが、だんだんそういったやりとりも面倒になってきて、先生と呼ばれることになれてしまう自分もいました。

税理士資格があることで、仕事ができるということにはつながらないのも事実ですが、会計事務所の職員の多くは、無資格者であるということは、知っておいていただいた方が良いことかもしれません。

そして、そういった会計事務所の職員の中には、大学を出たてで右も左もわからないような新卒の職員もいたります。

そういった職員は、実務上の知識が不足していたり、あるいは上司の支持を仰がなくて判断ができないことも多く、質問を持ち帰って、上司や先輩の回答を使えるだけの伝言ゲームになっていることもしばしばです。

税理士に仕事を頼んだつもりが、新卒の世間知らずな職員が担当になって、何を聞いても明確な答えが返ってこないという悲劇が生まれるのはこのような理由によります。

菊地和巳税理士事務所では、職員を雇わずに税理士である菊地が直接顧問先を担当させていただきます。私が直接、判断しアドバイスさせていただきますので、クイックかつスムースなコミュニケーションが可能です。


税理士の選び方について③

また、値段が安い税理士・会計事務所では、「質より量」のスタンスをとっているため、担当者の担当件数がかなり多いことになります。

中には、一人で200件近い担当を持つという会計事務所もあるといいます。

一般的な常識で考えてみて、200件の担当を持つということは、1件1件の顧問先の内容を細かく理解するということは不可能ですよね。

もっといえば、顔と名前が一致しないというレベルか、顧問先の名前を聞いても誰だか分からないというのが実情ではないでしょう。

1,000円カットの話で言えば、カットする担当者の方が、お客さんの顔や名前を知らなくても、髪をカットするだけですので問題はありません。

ですが、会計事務所の話では、あつかう内容が事業経営に関する大事な数字のことになります。

この事業経営のもっとも大事な数字の部分を顧問先の名前も覚えていないような会計事務所の担当者に任せることはとても恐ろしいことです。

また、これは価格の安い会計事務所に限りませんが、顧問先のご不満の中でもっと多い回答の一つが「レスポンスの遅さ」になります。

価格の安い大規模事務所では、顧問先の連絡が集中する年末調整から確定申告の時期には電話が鳴り止まずに、てんてこ舞いになることもあるでしょう。

担当者の中には、折返しの電話を入れ忘れて数日経ってしまうということも起こると思います。

また高齢の税理士の中には、なんど電話しても電話に出ないという不携帯電話の税理士もいるとかいないとか(笑)。

人のことであれば笑い話ですみますが、ご自身がそういった税理士や職員に担当されてしまったら、これは間違いなく悲劇です。

菊地和巳税理士事務所では、税理士である菊地本人がメールやチャットツール(ChatWork、Slack)やLINE等を使い、遅くとも翌営業日には連絡がとれるようなクイックレスポンスを心がけています。

税理士の選び方について④

税理士選びに失敗したパターンとは?

会計事務所を探している方にお会いして、実際にお話しを伺っていると会計事務所に対するいろいろなご不満がありました。

① 税理士先生が偉そうで、上から目線。質問しづらい。

② 担当者に知識がなく、何も答えてもらえない。

③ 毎月の訪問では、試算表の数字を読み上げるだけで、聞いていてもよく分からない。

④ 節税についての提案がなく、毎回、税金の計算だけで終わってしまう。

⑤ IT化されておらず、紙ベースで作業量が多くて大変。

①については、特によく聞くご不満です。
税理士という仕事は職業柄、周囲の職員や顧問先、出入りの取引先(ソフト会社等)から「先生、先生」と呼ばれ持ち上げられる機会も多いため、自分が特別な人物であるかのように勘違いされている先生も多いものです。
業界の慣習として、顧問先を「指導」するという言葉(スタンス)も残っています。

弊事務所では、税理士である菊地が直接担当をさせていただきます。
上から目線、業界用語を廃して、わかりやすい説明を常にこころがけております。

②は前回の投稿でもお話したとおりですが、大規模事務所になると担当者が多数在籍しているため、中には年若い新人担当者がいることもあります。
そういった経験の浅い担当者は、税務についてはそれなりの研修は受けていると思いますが、事業経営のことで円滑なコミュニケーションを期待しても難しいでしょう。

③については、試算表の数字の読み上げをすることよりも、まずは顧問先のお困りごと、悩み事を聞くことからスタートして、その解決法として、会計の数字を生かしてい行く方法を提案したいと思います。

④もよく聞くご不満です。
税理士の中には、税理士とは税金の計算をすることが仕事で、税金を減らすことを考えることは仕事ではない、と考える税理士も存在します。

弊事務所では、決算日前にある程度の着地点(納税額)を予測し、その上でムダな出費をなるべく押さえた形での節税の方法をご提案させていただきます。

⑤は、特に若い経営者の方に多いお悩みです。
時代は脱ハンコ化、ペーパーレス化に向かっているところですが、歴史ある小規模税理士事務所ほど、いままでのスタイルが変えられずに、紙資料中心のアナログスタイルが多いように思います。

弊事務所では、クラウド会計ソフト(freee、マネーフォワード)を使って、デジタルデータを極力使用して、経理の効率化を進めてまいります。
また、効率化に興味はあるけれど、どこから手をつけたらよいのかわからない、という方にもていねいに効率化の方法をアドバイスさせていただきます。